Water-Ring DIARY

徒然日記。日々の呟きとサイト更新予定など...。
<< November 2005 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

家政婦は見た。

2005.11.16 Wednesday | 日常

もとい、管理人は観た……で御座います。

先週の事。
土曜日だからとちょっと早めにお仕事を切り上げ、会社帰りにレイトショーへ行ってきました。
ようやくSAW2観覧。えへー。

そして今回も見事なまでに騙されてきました。
最後十分、「あー!」と心の中で。

でも気鉾罎戮騰兇呂なり痛い映像が多く、所々薄目になりつつ観ておりました;鋭い刃物で皮膚をすぱーっとかはめっさくさ苦手なのです(痛。

それに普通に見える人の悪事が露見した瞬間に流れるあの空気。とても怖かった。

そういえば今回。ジクソウがそこはかとなく前作より押し付けがましく見えてしまいました;うーん。確かに生きていることを大切にしろって言うのはわかるけれどもそれは他人に強要されて気付く類のことではない気が。
自分で苦労してある時ふとああそっかー、みたい……な?

とりあえずネタバレ感想はまた後で。
コープスブライドの映画事も書こうと思いつつ、タイトル落描きの途中でオフが忙しくなってしまったので絶賛放置中という……。


……あ、何だかえろいお話が書きたい(脈絡無く。疲れてる、疲れてるから!

ということで、ちょこっとだけ殴り書き。
一応微えろっぽいので反転にてどうぞー。


甘い鳴き声に理性なんて簡単に吹っ飛んだ。
強請るように見上げてくる瞳は確実に誘っていて。

「愛してる? そんなゆるい言葉で括んないでくれる?」

「ゆるいかよ」

「ゆるいわね」

彼女からの噛み付くようなキスは確実に俺の脳を溶かしていった。


ええと……攻め彼女?(爽やかに笑いながら。


葉っぱMEMO話
お休みでーす。

小鳥メール業務連絡
特に御座いませんよー。


ではではまた。と言いつつちょっと続きます。
岬様からバトンを頂きましたので回答なんぞをv
続きを読む>>
author : kuno_san | comments (0) | trackbacks (0)